猫をかく

編:諏訪優 / 出版社:国文社 / 1979年発行初版

数ある猫アンソロジーの中でも特に好きな一冊。猫をかいた詩、かいていたら猫が出てきた詩。猫が好きなひと、そうでもないひと。吉行理恵は雲とトンボを飼っていた。諏訪優はペレを飼っていた。名前ひとつ取ってみても猫との距離感はひとそれぞれあっておもしろい。「猫をかく」ということは、猫の眼を通して世界を眺めることだと言い換えてもいいかもしれない。

状態:帯スレ・キレ、小口少シミ、本体中面には目立ったダメージや汚れはありません。


古書ウサギノフクシュウでは、随時買取を行っております。
電話 080-4623-3521
メール info@usaginofukushu.com
お気軽にお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

¥ 1,944

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。